育毛剤

巷にあふれる育毛剤。

本当に効果はあるの?
M字ハゲは治るの?

実は、M字ハゲに効果のない育毛剤も存在します。
CMに惑わされずに効果のある育毛剤を選びましょう。

効果のない育毛剤

リアップ

日本で1番有名な育毛剤と言えば大塚製薬のリアップ。
「1年使い続けると70%の人が発毛する」と言う、発毛・脱毛抑制には厚生労働省お墨付きの商品です。

でも、これ、M字ハゲには効きません。

リアップに配合されているミノキシジルは、確かに発毛効果が認められている医薬成分です。

でも、発毛の仕組みがM字ハゲには合っていないのです。

リアップが効かない理由

禿げる理由が血行不良などによる抜け毛であるなら、リアップは効果を発揮します。
ミノキシジルが頭皮の血流を増し、発毛促進するのです。

でも、M字ハゲは男性ホルモン(テストステロン)が原因で禿げます。
男性ホルモンが頭皮で活性化されることで脱毛作用を働くため、ミノキシジルでは効果がないのです。

極端に言えば、男性ホルモンを減らせば禿げません。
でも、さすがにホルモンコントロールはできませんよね。

そこで、脱毛作用を抑制する成分を含む育毛剤を選ぶべきなのです。

効果のある育毛剤

チャップアップ

脱毛作用がある活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を抑制する育毛剤こそ、M字ハゲに悩む人は使うべきです。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンに5αリダクターゼと言う酵素が作用することで作られます。

ホルモンをコントロールしようとするのは危険です!
でも、酵素の活性を落とすのは、それほど危険ではありません。

つまり、5αリダクターゼの活性化を止める育毛剤であれば良いのです。

5αリダクターゼを働かせない!

ヒーロー

どうしたら5αリダクターゼを止められるのか・・・?

実は、5αリダクターゼを働かせないようにする成分はわかっています。

ずばり、グリチルリチン酸!

グリチルリチン酸は、抗炎症成分として有名で、ニキビ用化粧品などにもよく入っています。
炎症を抑えるだけでなく、5αリダクターゼの活性化も阻害し、脱毛抑制します。

そして、天然成分にも5αリダクターゼを阻害するものがあります。

  • オウゴンエキス
  • チョウジエキス
  • ヒオウギ抽出液
  • ビワ葉エキス

育毛剤を選ぶ時には、グリチルリチン酸に加え、これらの成分が入っているものを選ぶことがおすすめです。

食事なら亜鉛が効果的

牡蠣

5αリダクターゼを止めるのは育毛剤だけではありません。

亜鉛にもその効果があります。

亜鉛はカキやしじみ、あさりなどの貝類に多く含まれます。

食事の1品に加えることが理想ですが、「毎日そんなことしてられないよ」と言う場合はサプリメントで補うことをおすすめします。