育毛シャンプーを使ってるのに、毛が抜ける・・・
それ、シャンプーの仕方が間違っているのかもしれません。

育毛シャンプー

シャンプーの効果は頭皮を清潔に保つことのみ。
育毛シャンプーでいくら髪を洗っても、毛が生えることはありません。
それどころか、洗い過ぎは頭皮を傷つけ、乾燥によるかゆみやフケ、抜け毛を増長させることさえあります。

髪に良いことをしていると思っていたのに・・・
抜け毛が増えるなんて!!

心配しなくても、大丈夫ですよ!
育毛シャンプーは正しく選んで使えば、頭皮のケアにもなり、髪が生えやすい環境を整えます。

やってないけない!育毛シャンプー

STOP!
まずは、間違ったシャンプーをしていないか5つの項目をチェックしてみましょう。

①1日2回以上洗髪する

シャンプー
市販のシャンプーには様々な薬剤が入っています。
特に男性向けの育毛シャンプーは、洗い上がりをスーッとさせる清涼感のある原料を入れていたりします。

「髪を洗うとさっぱりするから」と言う理由で、1日に何回も洗髪する習慣があるなら、やめて下さい。
必要以上に薬剤を頭皮に塗布していることになります。

また、頭皮は想像以上にデリケートです。
洗いすぎると皮脂を取り除きすぎて乾燥し、フケやかゆみの原因にもなります。

②髪を3日以上洗わない

髪を洗うと毛が抜ける気がするからできるだけ洗わないようにする人もいますが、これもNG!
頭皮は目で見えなくても毛穴から皮脂が分泌されています。
適度に皮脂を取り除かないと毛穴を詰まらせてしまい、抜け毛が増えます。

1~2日に一回、頭皮の脂を落とすように洗髪することをおすすめします。

③頭皮の汚れが落ちていない

泡
「髪を洗う」その言葉の通り、髪だけを洗っては意味がありません。
1番落としたいのは、頭皮の汚れです。

髪は死んだ細胞です。
一方、頭皮は生きています。

頭皮に皮脂やワックスなどの整髪剤がついたままだと、育毛剤を塗布しても浸透しません。

洗う時は指の腹を使って頭皮をもむように洗いましょう。

④洗い流し不足

シャワー
コンディショナーやトリートメントを使っている人は要注意!

コンディショナーもトリートメントも髪の表面を滑らかにするものです。
頭皮につけると毛穴を詰まらせてしまいます。

また、少し残っていた方が効果があると勘違いしている人もいますが、洗い残しはベタつきのモトです。
最悪、毛が抜ける原因にもなります。

シャンプーはもちろん、コンディショナーやトリートメントもしっかり洗い流しましょう。

⑤濡れたまま乾かさない

ドライヤー
男性の場合、髪の毛が短いのでドライヤーを使わずに自然乾燥させる人がいます。
でも、これも髪の毛には良くない行動なんですよ!

髪の根元が塗れたままになっていると、頭皮は湿って蒸れた状態が続きます。
蒸れが毛根に与えるダメージの大きさは説明するまでもありません。

余分なダメージを与えないためにも、洗髪後はドライヤーで乾かすようにしましょう。
この時、頭皮に風を当てるようにして根元から乾かすと良いでしょう。